経常収支

営業活動による資金の流れ=経常収支

 

全般的に資金の流れと言いますと、「平凡な営業活動」について期待されちを意味します。

 

しかしついでににも、「決算や器材管理に関する資金の流れ」や、「経営財務行いに関する資金の流れ」が現存します。

 

ここではまず、平凡な営業活動についての資金の流れ=経常収支について拝見して行きましょう。

 

かりに、靴屋君を標本にとって考えてみましょう。

 

靴屋君も労働を始めたばかりと言われるのは「信用」が見られませんから、問屋君から靴を買取するにも現ナマで賀わなければなりません。

 

したがって、予め実装して認められた資金をつぎ込むと言えるのです。

 

なぜかというと、「必要資金の漏えい」に繋がります。

 

次に、こちらのゲットした靴に収入を載せて売り込むけどね、小売店舗それだから、もちろん「現ナマ売れ行き」と繋がります。

 

なぜかというと「必要資金の流入」と繋がります。

 

売り尽くされてしまったら、また靴を買い付けばなりませんから、問屋君にチャレンジして「現ナマ買い付け」を敢行すること繋がります。

 

こういったように、「買い付け」と「売れ行き」の持続で料金が生まれたり入って営業活動がやっているという訳です。

 

一方、売買を実践して行く上で望まれる給料は、「買い付け必要資金」だけと言われるのはあてんぽりません。

 

会社を貸し出していただいて居れば「レンタル料」をお代を支払わなければなりませんし、使用人を採用していれば「一ヶ月の賃金」をお代を支払わなければなりません。

 

ここら辺りは月毎に1回ところが、「現ナマ返済」ものなのです。

 

また、箱入れ用紙や値札などの諸利用料もかかります。

 

それらの物も「現ナマ返済」だと感じます。

 

こう考察していくと、小売仕事の予定なら、『平凡メンバー制から「売れ行き」という手法で料金が流入し、それ相応の料金が十分ある「利用料」として漏えい実践して行く』という事が伺えます。

 

経常収支関連ページ

「資金繰り」=「やりくり」
「先日、銀行がキャッシュを貸してくれ解消できたので、資金繰り(しきんぐり)に苦労を重ねる」とか、「今月挙句100万円の手形を減らさないとならないから、今月は資金繰りが大変厳しい」など、「資金繰り」という文句をたびたび耳に入ります。
固定収支
固定収支について見てみましょう。固定収支とは、プラスから入ってくる租税や配当代など(決算)と、固定資産(機材指揮など)に関する成果の事だと言えます。
資金繰り
「現金仕入れ」をを行ってしまった靴屋ちゃんも背取り成行がダブると「ツケ」がきくものなんです。つまり、「掛仕入れ(かけしいれ)」ができます様にしたわけです。これらの「掛仕入れ」においては、いつの時点までのパイをいつの時点までにかければ適切かが問題事としたわけです。
消費税
「資金繰り」が辛くなってくると、ついつい手を出してしまう消費税ですが、おっと預り必要経費のが現実ですから酷使してはどうすればいいのかわかりません。消費税はどういう風に利用されているのかしら。